アマツミソラ
田舎町で暮らす女の子達の日常
プロフィール

那智黒猫

Author:那智黒猫
田舎町に暮らす女の子達の日常風景。
1/6ドールの野外撮影が多いです。
リンクフリーなの!



FC2カウンター


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



最新トラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



天野の里びより りぴーと
アニメ続編製作決定!!


というわけで、前回に引き続き天野の里からのんのん舞台探訪をお送りします。


P1070790.jpg

丹生都比売神社のある上天野地区から、真国川沿いの畦道を下天野地区方面へと向かいます。
田植えが終わったばかりの田圃が広がっていて、水鏡に映る景色が綺麗♪

歩くたびに、次々と水に飛び込むカエル達。
時間がゆっくりと流れます。


1070840.jpg

まどか「あっ、ほむらちゃん、あれ見て!」


まどかの指さす先には…


P1070815.jpg

カルガモの団体がお食事中でした。
飼われているんじゃなくて、野生のカルガモが勝手にやってきているみたい。

そして、奥の田圃の稲の並びを見ていると、妙に心が落ち着く件。


森からはカッコウの鳴き声が聞こえてくるよ。

♪ソ ミ~ ソ ミ~ レ~ド~レ~ド~♪

P1070813.jpg

リコーダーまどか。
小学生コスにまったく違和感を感じさせないのはさすが。

そしてコテージ型リゾート「山荘 天の里」のあたりまでやってきました。
この周辺に旭丘の風景が集中しています。

nonnon14f.jpg
nonnon14.jpg

用水路とコンクリートの橋


まどか「あの、そろそろランドセル下していいかな?」

P1070806.jpg

マミ「鹿目さん、まだ背負ってたの!?」

ほむら「自然すぎて気付かなかった…」
まどか「二人ともひどいよ~。゜(>д<)゜。」


nonnon13f.jpg
nonnon13.jpg

りぴーとに出てきたカーブミラーの道。
右手奥に見える建物は天然酵母パンを提供しているカフェ「思季うらら」さん。
営業は日曜と祝日のみという天野イズム!
軽食メニューはカレーとピッツァ、ケーキセットもあるよ。

菓子魔女「ケーキケーキ♪チーズケーキ♪」

1070843.jpg

マミ「残念だけどチーズケーキは無いみたい。シフォンケーキとガトーショコラの2種類ね。」
シャルロッテとマミさん
今回はマミさんにオビツ24素体を実装してみました。
関節の保持力がしっかりしていて、ポーズを維持するのが楽です。
オビツ25じゃこんなポーズ維持できません。
スタイルはオビツ25より肉感があり、ピュアニーモ素体に近いので衣装映えします。
まどかとほむら用にオビツ24S胸を追加購入したいね。
まどほむ「せめてM胸で!!」



nonnon06f.jpg
nonnon06.jpg

通学路の坂道

この右手に見切れてるのが

nonnon05f.jpg
nonnon05.jpg

この手の用水枡はいっぱいあるんだけど、だぶんここが正解

ここから用水路を下って

nonnon04f.jpg
nonnon04.jpg

赤い橋



この辺の田圃の水路を観察してみると、、おたまじゃくしやカブトエビがいっぱい泳いでます。
他にも…

P1070780.jpg

トノサマガエル!


P1070777.jpg

イモリも居た!

P1070819.jpg

マミ「私、イモリって初めて見た♪」
マミさん大興奮。
のんのんびよりでも蛍がイモリ見たことないって言ってたけど、確かに近頃の田圃や用水路じゃあまり見かけなくなりました。
天野の里では、まだまだ里山の自然が生きてます。

nonnon01f.jpg
nonnon01.jpg

さすがに牛は居ないけど、山羊は居るそうです。
水鏡が綺麗やわ~


P1070756.jpg

バス、バスが来たのん!
公共交通で天野の里へ来る場合は、JR和歌山線笠田駅よりコミュニティバスを利用することになります。
1本乗り逃すと二時間待ちというのも、のんのんびよりと同じなんな♪


nonnon03f.jpg
nonnon03.jpg

もしかしてウチ田舎に住んでるのん?

この民家の裏手にまわると

nonnon07f.jpg
nonnon07.jpg

この小路があります。
ちょうど田植えの準備がされていて、地元の方の往来もあったので角度合わせる余裕がなかったのん…(;´д`)トホホ


nonnon02f.jpg
nonnon02.jpg

再び元の田圃に戻ってきて、振り返るとこの光景。
新緑の山と長閑な農村。
まさにのんのんびよりの世界、旭丘の風景ですね。
普段は邪魔だと感じるビニールハウスも愛おしく思えます。



1070726.jpg

元の作品が小中学生が主役なので、モデルをしてくれた見滝原中学の三人。
思った以上にまどかのランドセル姿が似合っていて撮影が楽しかったです。
こんな感じで、のんのんびよりの舞台探訪をテーマに天野の里を満喫してきました。
今回は背景を探すのに里内を徘徊したのですが、舞台云々を抜きにしてもフォトジェニックな里だと再認識させられた一日でした。
今度は蛍を見に来たいな~♪

kokomade.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングなのん!
スポンサーサイト
天野の里びより
5月なのに、汗が噴き出すような陽気が続いてますね。
今からこんなじゃ今年の夏はどうなっちゃうんだろうと心配です。
そんな晴天の日曜日、自宅から小一時間の距離にある、天野の里へプチツーリングに行ってきました。

かつらぎ西ICで京奈和自動車道(無料!)を降りて国道480号を南下する。
紀ノ川を越えると高野山に向かって道は駆け上がっていく。
その途中で県道4号に逸れ、九十九折りの急坂を駆け上がり、トンネルを抜けると…




陽だまりの里、天野の里に到着です♪


天野の里は標高450mの山中に広がる小盆地。
今までにも何度も訪れていますが、緑の山に囲まれた田園風景は長閑で心が癒されるお気に入りスポットなのです。

特に春の天野は良い!
訪れたときは、ちょうど田植えシーズンでした。

P1070769.jpg

水が張られたばかりの田圃に映える青い空と緑の里山。
畦道を歩くと、足元のタンポポとカエルの大合唱が出迎えてくれます。
春の陽気を溜め込んだ、陽だまりの里。

これといった商店もコンビニも無い、自販機さえもほとんど無い。

それがいい。

でも何も無いわけじゃない、スゴイ物があります。
それがここ、里のシンボルでもある丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)です。


1070695.jpg

朱塗りの輪橋が目を引く参道の奥に立派な拝殿が見えてきます。
長閑な山村に似つかわしくないほどの荘厳な社。
丹生都比売神社は全国に八十八社ある丹生神社の総本社であり、
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録されているのです。

の で す が、

周囲には土産物屋などは無く、あるのは物産販売所のみという天野イズム!


だが、それがいい!


1070696.jpg

創建は1700年前。
主祭神である丹生明神は別名を稚日女命(わかひるめのみこと)といい、天照大神(あまてらすおおみかみ)の妹神なのです。

神なのです。 (ここ重要!!)

この地を領していた妹様は、狩場明神(マッチョ狩人)を遣わして空海を高野山に導いたという伝承があり、
高野山と非常に関わりの深い神社なのです。
真言密教の中心地である高野山の壇上伽藍にも丹生神社が祀られているほどで、
今でも高野山の僧侶が妹様を愛で詣でに来る聖地なのです。

P1070782.jpg

僧侶だけじゃなく修験者も参詣に来ていたそうで、
丹生都比売神社には修験者が建立した石造五輪卒塔婆群が残されており、
妹様のファン層の広さが伺えます。




丹生都比売神社から駐車場に戻る小路。

nonnon11f.jpg

春の草花の中、小川にかかる石の橋、石積みの階段。
何てことのない風景も、長閑でほっこりしちゃう陽だまりの里。
歴史を感じる史跡の里。
そんな天野の里には、三つ目の顔があるのです。



それは…







nonnon11.jpg

のんのんの聖地でもあるのです♪

Yeah!


ここからは舞台探訪撮影です♪

マミ  「というわけで鹿目さん、はいコレお願いね」
まどか「?なんでランドセル?」


P1070727.jpg

マミ  「のんのんびよりロケするなら、やっぱり小学生モデルが必要でしょ♪」
まどか「私中学生だしっ!小学生じゃないしっ!」
ほむら「あ、今の こまちゃんっぽかった」
まどか「じゃあ こまちゃんで良いよねっ?、ランドセル必要ないよねっ!?」


のんのんびよりの舞台でロケするんだから、れんちょん役は是非とも欲しい!
そのためにまどかを連れてきたんだから、しっかり働いてもらいましょう。




♪ド~レ~ミ~ファ~ミ~レ~ド~♪
まどか「ひどいよ…こんなのってあんまりだよ…」(T_T)
問題ない、似合ってるよ~!

nonnon12f.jpg
nonnon12.jpg

第二駐車場脇の道。
駐車場に入るときに見えているので、おそらく最初に見つけられるスポットです。


nonnon08f.jpg
nonnon08.jpg

神社手前の交差点。
左奥に第二駐車場、右奥に神社、背後に物産販売所があります。
写真は光線の具合が良くないですが、正午頃に行くといい感じだと思いますよ。


nonnon10f.jpg
nonnon10.jpg

交差点にある社。
大念仏一結衆 宝篋印塔というらしいです。
応永二十三年(1416)建立の史跡です。
こういう史跡がこの近辺にはいっぱいあります。


nonnon09f.jpg
nonnon09.jpg

同じく交差点にある飛び出し看板。
これはノーマルな看板だけど、村内にはキャラものと思しき飛び出し看板が散見されます。
どうせならのんのんびよりキャラで統一すればいいのに。

神社周辺の背景はこれくらい。

P1070731.jpg

ここから里の西側にむかいますが、長くなってきたので次回に続きます。
道中には旭丘を感じさせる風景が散在しているので、楽しみながら移動しましょう。


途中にあるのは、廃校となった天野小学校校舎を利用した簡易宿泊施設「ゆずり葉」さん。
遠方からの聖地探訪時に、6月には蛍鑑賞にもリーズナブルに宿泊できる施設です。

また、ビオトープ天野池への看板を小路を入ると、美味しい蕎麦を楽しめる「あまの凡愚」さんが営業中、訪問時のランチにいかがでしょうか。


kokomade.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングなのん!

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

渚でビールです!
ゴールデンウィークが終わっちゃいました!
今日から日常復帰なのですよ、(;´д`)トホホ
連休中に南紀白浜に行く用事があったので、店頭にあったナギザビールを全種類買ってきました。


ペールエール
ナギサビールのスタンダードなエールビールです。
中濃色で、香り、コク、苦みのバランスが非常に良く、ビールの旨みが凝縮されてます。
これを飲んでナギサビールの大ファンになった逸品です。


1070045.jpg
アメリカンウィート
こちらもナギサのフラッグシップの片翼。
淡色で、喉越しがスッキリとした爽やかな甘みと透明感のあるビール。
この二つが常時店頭にある、なじみの二本。


1070053.jpg
ゴールデンエール
ペールエール同様の甘い香りと、やや酸味が主張している飲みやすいビールです。
苦みが控えめなので、女性にも飲みやすいんじゃないかな。
コクのあるビールが好みの私には、やや物足りない。
ビール単体で楽しむよりは、食事と共に頂きたいビールでした。


1070014.jpg
ヘヴン
レモンイエローで、優しい苦みと甘い香りのラガービール。
口当たりと喉越しが良いが、後味にはしっかりと苦みが残るので、グビグビと飲むほうが旨い系。
あっというまに無くなっちゃったよw


1070521.jpg
インディアペールエール
ペールエールよりもさらに濃厚な香りと味わい!
ペールエール好きには堪らない逸品です。
色も濃厚ですが、ブラウンビールのようなロースト香じゃなく、純粋にアロマホップ由来の香りが芳醇なビール。
今回飲んだ中では断トツに好みでした。
これ、もっと飲みたい~♪

ナギサビールは通販もやってますので、気になった方は是非お試しあれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加してます。
            クリックで投票してね♪

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用