アマツミソラ
田舎町で暮らす女の子達の日常
プロフィール

那智黒猫

Author:那智黒猫
田舎町に暮らす女の子達の日常風景。
1/6ドールの野外撮影が多いです。
リンクフリーなの!



FC2カウンター


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



最新トラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



天野の里びより
5月なのに、汗が噴き出すような陽気が続いてますね。
今からこんなじゃ今年の夏はどうなっちゃうんだろうと心配です。
そんな晴天の日曜日、自宅から小一時間の距離にある、天野の里へプチツーリングに行ってきました。

かつらぎ西ICで京奈和自動車道(無料!)を降りて国道480号を南下する。
紀ノ川を越えると高野山に向かって道は駆け上がっていく。
その途中で県道4号に逸れ、九十九折りの急坂を駆け上がり、トンネルを抜けると…




陽だまりの里、天野の里に到着です♪


天野の里は標高450mの山中に広がる小盆地。
今までにも何度も訪れていますが、緑の山に囲まれた田園風景は長閑で心が癒されるお気に入りスポットなのです。

特に春の天野は良い!
訪れたときは、ちょうど田植えシーズンでした。

P1070769.jpg

水が張られたばかりの田圃に映える青い空と緑の里山。
畦道を歩くと、足元のタンポポとカエルの大合唱が出迎えてくれます。
春の陽気を溜め込んだ、陽だまりの里。

これといった商店もコンビニも無い、自販機さえもほとんど無い。

それがいい。

でも何も無いわけじゃない、スゴイ物があります。
それがここ、里のシンボルでもある丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)です。


1070695.jpg

朱塗りの輪橋が目を引く参道の奥に立派な拝殿が見えてきます。
長閑な山村に似つかわしくないほどの荘厳な社。
丹生都比売神社は全国に八十八社ある丹生神社の総本社であり、
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録されているのです。

の で す が、

周囲には土産物屋などは無く、あるのは物産販売所のみという天野イズム!


だが、それがいい!


1070696.jpg

創建は1700年前。
主祭神である丹生明神は別名を稚日女命(わかひるめのみこと)といい、天照大神(あまてらすおおみかみ)の妹神なのです。

神なのです。 (ここ重要!!)

この地を領していた妹様は、狩場明神(マッチョ狩人)を遣わして空海を高野山に導いたという伝承があり、
高野山と非常に関わりの深い神社なのです。
真言密教の中心地である高野山の壇上伽藍にも丹生神社が祀られているほどで、
今でも高野山の僧侶が妹様を愛で詣でに来る聖地なのです。

P1070782.jpg

僧侶だけじゃなく修験者も参詣に来ていたそうで、
丹生都比売神社には修験者が建立した石造五輪卒塔婆群が残されており、
妹様のファン層の広さが伺えます。




丹生都比売神社から駐車場に戻る小路。

nonnon11f.jpg

春の草花の中、小川にかかる石の橋、石積みの階段。
何てことのない風景も、長閑でほっこりしちゃう陽だまりの里。
歴史を感じる史跡の里。
そんな天野の里には、三つ目の顔があるのです。



それは…







nonnon11.jpg

のんのんの聖地でもあるのです♪

Yeah!


ここからは舞台探訪撮影です♪

マミ  「というわけで鹿目さん、はいコレお願いね」
まどか「?なんでランドセル?」


P1070727.jpg

マミ  「のんのんびよりロケするなら、やっぱり小学生モデルが必要でしょ♪」
まどか「私中学生だしっ!小学生じゃないしっ!」
ほむら「あ、今の こまちゃんっぽかった」
まどか「じゃあ こまちゃんで良いよねっ?、ランドセル必要ないよねっ!?」


のんのんびよりの舞台でロケするんだから、れんちょん役は是非とも欲しい!
そのためにまどかを連れてきたんだから、しっかり働いてもらいましょう。




♪ド~レ~ミ~ファ~ミ~レ~ド~♪
まどか「ひどいよ…こんなのってあんまりだよ…」(T_T)
問題ない、似合ってるよ~!

nonnon12f.jpg
nonnon12.jpg

第二駐車場脇の道。
駐車場に入るときに見えているので、おそらく最初に見つけられるスポットです。


nonnon08f.jpg
nonnon08.jpg

神社手前の交差点。
左奥に第二駐車場、右奥に神社、背後に物産販売所があります。
写真は光線の具合が良くないですが、正午頃に行くといい感じだと思いますよ。


nonnon10f.jpg
nonnon10.jpg

交差点にある社。
大念仏一結衆 宝篋印塔というらしいです。
応永二十三年(1416)建立の史跡です。
こういう史跡がこの近辺にはいっぱいあります。


nonnon09f.jpg
nonnon09.jpg

同じく交差点にある飛び出し看板。
これはノーマルな看板だけど、村内にはキャラものと思しき飛び出し看板が散見されます。
どうせならのんのんびよりキャラで統一すればいいのに。

神社周辺の背景はこれくらい。

P1070731.jpg

ここから里の西側にむかいますが、長くなってきたので次回に続きます。
道中には旭丘を感じさせる風景が散在しているので、楽しみながら移動しましょう。


途中にあるのは、廃校となった天野小学校校舎を利用した簡易宿泊施設「ゆずり葉」さん。
遠方からの聖地探訪時に、6月には蛍鑑賞にもリーズナブルに宿泊できる施設です。

また、ビオトープ天野池への看板を小路を入ると、美味しい蕎麦を楽しめる「あまの凡愚」さんが営業中、訪問時のランチにいかがでしょうか。


kokomade.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキングなのん!
スポンサーサイト

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用


コメント

こんばんは。

のどかな景色が、また良いですね。
都会じゃ、田んぼの水張も、中々見られなくなってきました。
近所には、まだ少しだけ田んぼはありますがw

アスファルトじゃない、道に、のんびりとした交差点、なんだかほっこりします。

後、聖地でもあったんですね。
あまり最近アニメを見てないので、
こういうのも新鮮です。

それと、前のコメントですが、クラナドのキャラが観光PRのキャラになってたんですね。
手前の地域ですが、以前は御坊市とかAIRの聖地だったので、
我が家も等身大のティセをコスプレさせて巡ったのが懐かしいです。
[2017/05/22 00:51] URL | 鳴らない携帯 #- [ 編集 ]

Re:鳴らない携帯さん
天野の里は何もないのがいい感じの田舎なのです。
もう、田舎の風景だけ楽しんでねって感じ。

御坊市と美浜町はAIRの聖地で有名ですが、
その後で、西室振興局がクラナドキャラを起用しちゃったんですよね。
当時は地方PRに萌えキャラ使うなんて、認知されてない頃だったので、あまり話題になる前に終了しちゃったんですけどね。

というか、鳴らない携帯さん、御坊に等身大ドール連れてきてたんですね。
AIRの頃ってドールの屋外撮影も賛否両論の時代だったのに、勇者だなぁ。
[2017/05/29 21:44] URL | 那智黒猫 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://krone222.blog112.fc2.com/tb.php/196-c8916a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)